幹細胞化粧品で、カラダの芯からキレイになる

アンチエイジング

顔を洗う前の女性

衰えるカラダ

アンチエイジングの「アンチ」というのは、「何かに反する」ということです。ここでは、エイジングということに反することを意味しています。
「エイジング」というのは、英語で書けば「Aging」となり、「年齢を重ねる」という意味になりますから、つまりアンチエイジングとは「年齢を重ねることに反する」ということになります。
「幹細胞化粧品はアンチエイジングの効果を持つ」ということは、幹細胞化粧品を使えば若返ることが出来る、ということを意味しているわけです。

とはいえ、もちろん幹細胞化粧品を使ったからと言って、中年期から少女期へ、顔が時計を逆回転したみたいに戻るというわけではありません。
より正確に言うなら、幹細胞化粧品によって可能になるのは、加齢によるお肌の衰えを抑え、若いお肌のように活発な感じを留めるということなのです。

新鮮な細胞

幹細胞という、さまざまな細胞の芯となる特別な細胞を含んでいる幹細胞化粧品を使うことによって、人は「新鮮な細胞」を作り出すことが出来ます。
化粧品という形で、幹細胞をお肌に取り込むことによってアンチエイジングを可能にするということなのです。

この化粧品が効果を持つのは、人が加齢とともにお肌の幹細胞の数を減らしてしまうからです。人は年をとるとカラダの衰えをさまざまなところで感じることになりますが、その原因の一端は幹細胞の現象にあります。
幹細胞の現象によってお肌の新陳代謝も活発には行われなくなり、調子がわるくなり、さらにエイジングが深刻化してしまうということで、幹細胞化粧品はあるのです。

↑ PAGE TOP